国家公務員総合職・一般職の差

スポンサードリンク

国家公務員の総合職と一般職には差がある!違いを比較

国家公務員試験の採用区分は大きく分けて総合職区分・一般職区分で実施されています。

 

東京大学出身者であれば、迷うことなく国家総合職を受験する方が多いようですが、それ以外の大学生のほとんどは総合職と一般職のどちらを第一志望するか悩むようです。

 

ここでは採用試験のレベル・採用後の待遇など違いを比較して紹介していきます。

 

国家一般職・総合職の試験レベルは雲泥の差!?

 

国家一般職も十分難しい試験なのですが、それ凌ぐ難関試験が国家総合職区分です。

 

国家一般職の合格者はマーチ~早慶レベルの学生が多いのが特徴的です。地方の国立大学出身者も結構多いです。

 

それに対して総合職は例年、東京大学・京都大学が合格者の大半を占めます。特に東京大学出身者の割合は異状に高いです。

 

基本的に過去の実績を見る限り、一般職の採用については学歴等はそれほど重視していない傾向があります。インターネット上でFランと呼ばれているような大学出身者でも実力さえあれば合格できる可能性は十分にあります。

 

しかし、国家総合職(旧国家Ⅰ種)については大学別合格者を見るとどう考えても、実力主義で採用が実施されていないように思えます。東京大学など上位国立大学の学生や出身者の合格は目立ちますが、無名大学で合格はほとんど聞いたことがありません。

 

難しい試験だからでは?と言うような意見もありますが、司法試験を考えてみてください。試験制度が変わる前は高卒でも合格している方は結構いました。もちろん無名大学出身者の方でも努力で多数の人が合格を勝ち取っています。

 

やはり国家総合職試験は学歴の影響が強いのか!?

 

採用後の一般職・総合職の出世・年収・待遇の違い

 

一般職と総合職の出世は正直言って、全く異なります。例えるなら、一般職は1段ずつコツコツ昇っていきます。総合職はエレベーターで一気に昇ります・・・

 

総合職採用者が海外留学後に続々に退職するケースがアリ、その場合優秀な一般職採用がキャリア抜粋されるケースもありますが、一般職が同期の総合職に出世で勝つことはほとんどないと言えます。

 

野心ややりたいことがあって出世を目指すのであれば総合職を目指しましょう。

 

年収・待遇については皆が思っているほど変わりません。官僚と言えば高給というイメージがありますが、40歳前後で年収1000万円程度です。

 

普通に外資企業に就職すれば3000万円以上稼げる実力を持っている人がほとんどであることを考えるとあまりに低い給与なのです。大学の同期に会うと年収の低さにドン引きされることも結構多いのだとか・・・

 

それに対して一般職は40歳前後で600万円程度ですね。国家公務員になる方はお金より社会貢献の意識の方が強いようです。

 

国家公務員総合職予備校

スポンサードリンク